クロールのためのライブラリ

クロールのための、クロールの機能を活かせるライブラリを用意しました。

ロボットの操作を簡単にできるのはもちろんのこと、本体に内蔵している各種センサーも簡単に使うことができるので、ロボットが進んだ距離や、今のロボットの角度を知ることができます。

ユーザーはプログラムの中に、わずか数行のコードを挿入するだけです。

余計な部分を考えず、本当に必要な部分を考えることに集中できます。

 

「ロボットプログラミング」をもっと便利に、簡単に

ロボットを簡単に扱うことができるだけでなく、クロールライブラリでは一歩踏み込んだ機能も搭載しています。

例えば、正確な時間管理を行うタイムキーパーのような機能を用意しています。

たとえば倒立させるために必要なプログラムも、この機能を利用することで非常に簡単に実現することができます。

また、内蔵している各種センサーのデータから、ロボットのラジアン角を簡単に取得することもできます。

ユーザーは煩雑な式をいちいち組み上げる必要無く、これらの機能もほんの数行のコードで使用することができます。

 

ArduinoもC++も、お好きな方を

クロールライブラリを使用すると、Arduino記述だけでなく一般的なC++でのmain関数を使用したプログラムを記述できます。

他の組み込みシステムや、より高度なプログラムにスムーズに応用できる事が期待できます。

可能性を、より広げます。

 

クロールライブラリはダウンロードページから手に入れることができます。

アイディアを形にしましょう。クロールライブラリはそのお手伝いができます。

 

Share