サンプルプログラムをクロールに書き込む

サンプルプログラムをクロールに書き込み、プログラムの書込み方法を習得しましょう。

クロールが1秒前進し1秒停止する動きを繰り返すプログラム書き込みます。


1.クロールとパソコンを接続する

キット付属のUSBケーブルを使って、クロールとパソコンを接続します。

この時、クロール本体の電源スイッチは必ず「OFF」にしてください。


2.サンプルプログラムを書き込む

ArduinoIDEのメニューから「ファイル」→「スケッチ例」→「Crawl」→「Arduino」から「crawl_forward」を選択して、クロールを前進させるサンプルプログラムを開いてください。

プログラムを開いたら、ArduinoIDE左上の「マイコンボードに書き込む」をクリックして、クロールにプログラムを書き込んでください。

プログラムの書込みが完了したらクロールからUSBケーブルを外し、広い場所にクロールを置いて電源スイッチをオンにしてください。

クロールは1秒前進して、1秒止まる動きを繰り返します。


これでプログラムを書き込むチュートリアルは終了です。

次はチュートリアル2【走行させる】を初めましょう。

メニューに戻る